私たちがお話を聞き
私たちが設計し
私たちが作り
私たちが見守ります


一見当たり前のように思えるのですが、実際の住宅業界では特別なことです。
木の家では、建築士の資格を持つ社員が皆様のお話しをお聞きし、設計と建築計画をいたします。
施工するのは自社で育てた大工社員です。初代棟梁が育てた大工職人は、建築士や技能士、さらに建築科職業訓練員免許の資格を持つ者など、熟練した職人としてまた技術者としても第一線で活躍できる大工達です。
完成してお引渡した後からもお客様の家を見守りいたします。点検や修繕などのアフターサービスなどお引渡後の対応は、お客様の家づくりに携わった建築士や大工が担当、末長く安心のお付き合いをさせていただきます。

木の家は建築士が直接担当いたします
建築士がお話を聞き、設計提案します


木の家には営業担当をする社員はいません、代わりに建築の専門家である建築士が応対いたします。営業担当社員を置かない理由は営業経費を削り建物の原価率を上げたいから、それはお客様にとってもメリットがあることです。建築の専門家が対応することでより納得がいく説明を受けられ間違いのない判断ができます。またご希望をお伝えいただければ、その是非を建築士の立場から検討され適切な助言または実現方法を提案させていただきます。そのようにして出来上がった施工例が個性的なのはお客様の個性がそのまま建築に現れているからです。
 木の家では営業担当者でなく建築士と直接お話ができます。

モデルハウス以上にリアルなオープンハウスを実施しています
実際の設計施工例をご見学ください


木の家はモデルハウスを持っていません。理由は、モデルハウスに掛かる費用を家の価格に転嫁したくないためです。営業コストを下げ、原価率を上げるのは木の家の基本的な考え方。私たちはお客様の大切な予算内でより良い家を作りたいのです。
もうひとつの理由は、木の家は自由設計が基本です。お客様のご要望を実現するためにさまざまな仕様とデザインで家をつくります。ひとつのデザインと仕様のモデルハウスでは私たちのつくる家の良さを表現できないのです。
木の家ではご見学できる実例としてオープンハウスを実施しています。多くのお施主様が木の家にご興味を持つお客様に対してご自宅を公開していただけます。実際の施工例をご見学することはモデルハウスより多くの気づきをお持ち帰りできることでしょう。是非、施工実例をご見学ください。
 

木の家の大工は社員です
木工事はすべて当社の大工が行います


現場で働く大工さん。そのほとんどがお客様が注文した住宅会社の社員ではありません。住宅会社が発注する木工事は、多くの個人事業主の大工さんに発注されます。特にひとつの住宅会社の木工事ばかり請け負っている大工さんは専属大工と言われます。手間を請け負う大工は住宅会社から一棟の木工事を金銭で請け負います。
 木の家では、木造住宅の建築においていちばん大切な部分を施工する大工を正社員として抱えています。木の家の大工は月給制なので仕事を急ぐ必要はありません、丁寧で間違いのない仕事をするのが木の家の大工の職務です。木の家の大工工事が他社と比較して長期間に及ぶのは施工の品質を第一としているからです。
皆さまの家を施工する大工は木の家の社員です。

技を磨き、知恵を深めます
驚くほど既成品が少ない家づくりをします


今の家は工場で作った部品を組み合わせて出来てます。家の構造体はもちろん、キッチンやお風呂、窓やドア、収納家具、階段、そして和室の鴨居や敷居まで工場で出来上がって現場に届きます。大工の仕事はこれらを組み立てることで、主に使う道具は電動ドライバーとエアー工具です。工場で出来上がった部品を組み立てるので、どの住宅メーカーも同じようなデザイン、同じような仕上がりになります。
木の家の施工例をご覧いただくと、木、鉄、石、土をそれぞれの専門職人が手を加えて家の各部分を作っていることがわかると思います。素材に人の手を加えて家の部分とする。木の家の各部分が何で出来ているがひと目で、ひと触りでわかります。そこに木の家の個性と美しさがあります。
実のところ、自然な素材は欠点も多いものです。だから今は工業製品に置き換わっているのです。欠点を補うのに必要なモノが深い知識と技です。木の家の社員は常に技を磨き知恵を深めることで、自然素材を適切に使い、または加工し、皆さまの家づくりをいたします。
 「無いものは自分たちで作ろう」の精神です。

木の家のデザインは
熟練大工が携わることで可能となります


棟梁の家に住み込んで大工修行をする。今の時代では信じられないかも知れませんが、木の家の熟練大工はそうして棟梁になりました。昼は現場で棟梁と一緒に仕事をし、夜は棟梁の家族と一緒に生活をする・・・、そんな毎日です。何年か続いたのち、家づくりの一通りの技術と知識を身につけたら一棟を任されるのです。
棟梁とは、家を作れるだけではなれません。施主と相談し、図面を引き、予算を建て、材を目利きし、左官や指物など協力職人達の手配や指図をする。つまり家づくりの総監督ができる大工を棟梁といいます。そのためには大工の技術だけでなく、木造建築の知識も豊富でなければなりません。木の家では、柱や梁などの構造体を見せ、同時に最高の構造強度と断熱性能を持つ家を作りますが、それは先代の遺産である熟練大工の技と知恵の負うところも大きいのです。

木の家はすべて性能評価住宅・長期優良住宅
高性能で長寿命な家をお引渡し後もずっと見守ります


木の家は手作りの家、建築士の設計と大工の仕事によって出来上がります。工場で作る家が増えている今、木の家では住宅性能表示制度を利用し住宅メーカーと性能と相互に比較できるようにしました。2003年以降の木の家はお客様が辞退されない限りすべてが性能評価住宅、さらに2010年以降は長期優良住宅が加わりました。どの家も、耐震性能・耐風性能、省エネ・断熱性能、維持管理、耐劣化性能、空気環境の項目において最高等級を取得しています。
私たちの家づくりにおいて全体を貫く基本的な考え方は、お客様と最初の出会いから、設計、施工、アフターサービスまで、家づくりのすべての場面において自社で責任を持って行うことです。
お引渡し後も木の家の社員が常にお客様の側に寄り添い、私たちが作った家とお施主様の生活をずっと見守っていきます。
 
 
 

1958年創業
「木の家」は木の家株式会社の登録商標です 
Copyright 2018 Kinoie Inc. All Rights Reserved.