普及価格帯の手洗付トイレ

シンプルな手洗い付きトイレ

基本機能が揃ってお値打ち価格設定、50%以上値引きできる商品もあります

トイレもキッチンは洗面化粧台と同じように売れ筋商品をご検討ください。トイレは陶器製ではLixilとTOTO、樹脂製ではPanasonicが主要メーカーです。便器のフチが無い形状、水垢や汚れが付きにくい素材、隙間汚れを掃除しやすいようにする工夫など、各社、普及価格帯のトイレであっても掃除しやすく便利な機能が揃ってます。50%以上お値引きできる商品もございます。
 


既製品の手洗い器にひと工夫しました

タンクレストイレと手洗器の組み合わせ

ひと工夫を加えてちょっとお洒落にします

ロータンクが無いシンプルなタンクレストイレが人気です。この場合、トイレ自体に手洗い器が無いため別途手洗い設備が必要になります。そこで薄型の手洗い器を組み合わせるのですが、ひと工夫加えてあなただけのトイレ空間にしてみませんか?写真の施工例は既製品の手洗い器に木製カウンターを付け加えてみました。そして手洗い器の上の壁面に水はね汚れの防止を兼ねてモザイクタイルを貼りました。それだけでぐっとトイレの雰囲気が変わります。木の家は、このような提案を喜んでさせていただきます。


オリジナル洗面カウンター、奥はトイレです

トイレの隣に洗面カウンターをつくってみたら?

トイレ、洗面、脱衣、浴室をまとめてゾーン化する

トイレ専用の薄型手洗器は小さいため使いにくいものです。ホテルや欧米のバスルームのように手洗いを洗面カウンターで済ますことができればとても使いやすいことでしょう。しかしながら日本ではトイレを個室化したい要望も強いと思います。そんな時はトイレと洗面室を隣り合わせにして壁引込ドアで区切ってみてはいかがでしょうか?トイレ手洗器と洗面台の二つの設備機器をひとつにまとめることが出来てなおかつ使いやすい、一石二鳥なアイデアです。


洗面室内にトイレを設置

トイレと洗面台とお風呂を合わせてバスルームという考え方

トイレが2箇所あるなら検討してみてはいかが?

木の家では洗面室や浴室、家事室にトイレがあっても良いと考えています。特に洗面、トイレ、浴室はひとまとめにした「バスルーム」の方がなにかと便利ではないでしょうか?しかも広く使えるためバリアフリーにもし易いのです。もし、家にトイレが2箇所あるならばそのうち1箇所を「バスルーム」配置にしてみてはいかがでしょうか?慣れればなんということはありません、是非ご相談ください。

 


restroom_002.jpg restroom_012.jpg restroom_025.jpg restroom_027.jpg restroom_032.jpg restroom_044.jpg restroom_056.jpg
トイレの施工例
1958年創業
「木の家」は木の家株式会社の登録商標です 
Copyright 2018 Kinoie Inc. All Rights Reserved.