フラット35の特徴


フラット35の概要

利用者条件

●申込時の年齢が満70歳未満
●日本国籍の人、永住許可または特別永住者の人
●年収に占める全ての借入が下記の基準を満たしている人
 

 
(例1) 年収360万円の人 他ローン無し
360万円×30%=年間返済額108万円、月額9万円までの支払い可能。
 
(例2)年収450万円の人 教育ローン月額3万円
450万円×35%ー教育ローン年間36万円=121万5000円、月額10万1250円まで支払い可能。
 
つまり、住宅ローンを毎月返済していくにあたって、上記の年間月額以上の金額を払ってはいけないルールがある。



用途の条件

本人が所有し、本人または親族が住むための新築住宅の建設・購入、または中古住宅の購入のための資金。(リフォームは不可。借り換えは利用可能)



物件の条件

●土地の面積:条件なし
●住宅の床面積(上限なし):一戸建ての場合は住宅の床面積が70㎡以上
●住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合していること。(適合証明書の交付を受ける)



借入額

100万円以上8,000万円以下で、建設費(土地の取得費含む)または購入価格の100%以内
 
つまり、1億円の物件の場合は8,000万円までしか借りられないということ。
 
(例)年齢30歳、年収450万円、金利1.5%、元利均等返済、返済期間35年
●年収から見た借入可能額4,286万円
●物件価格(土地費用含む)3,500万円
 
この場合、借入可能額4,286万円以内の物件価格なら100%の借入が可能となります。
100%融資の場合、3,500万円まで借入可能。90%融資の場合3,150万円まで借入可能となります。
100%融資と90%融資では金利が異なるので、手持ち資金に余裕があるようでしたら、
借入額を90%にして金利を低く抑えることの可能です。



返済期間

次の①②のいづれか短い方の期間内
①15年以上35年以内(申し込み人の年齢が60歳以上の場合は10年以上)
②完済時の年齢が80歳となるまでの年数(申し込み時年齢は1年未満切り上げ)
 
つまり、フラット35の呼称の通り、最大35年間まで返済可能。
 
(例1)年齢35歳3ヶ月の人 ①のパターン
3ヶ月の端数を切上げて36歳となります。
定年(65歳)までに返済を終えたい人、65歳ー36歳=29年
 
(例2)年齢48歳11ヶ月の人 ②のパターン
11ヶ月の端数を切り上げて49歳となります。80歳ー49歳=31年
もちろん20年ぐらいで返済できる人は①に該当します。
 
【ポイント】
返済期間が短いほど、金利の影響で総返済額は少なくなるメリットはありますが、その分毎月返済額が多くなります。
景気の影響で年収が下がったり、リストラ、転職等で毎月の支払いが難しくなった場合など、
途中で返済期間を長くすることは難しいので、ある程度余裕を持った返済期間を考えるのがポイントとなります。



金利タイプ

●全期間固定金利型
返済期間20年以下・21年以上及び融資率90%以下・90%超に応じて金利が異なる。
金利は融資実行時点の金利です。申し込み時の金利ではないです。
 
全期間固定金利型の特徴。
元利均等返済ですと返済当初から完済まで常に金利の動向関係なく返済額が一定。家計管理がしやすいです。



返済方法

・元利均等返済または元金均等返済
・ボーナス時の増額返済も併用可能(借入額の40%以内)
 
※元利均等返済➡︎元金と利息が一定額となる返済方法。ポピュラー
※元金均等返済➡︎元金が常に一定に対して利息を上乗せ。取扱金融機関が少ない
 
【ポイント】
ボーナスは景気や会社の業績の影響を大きく受けることがあるので、ボーナスに頼った返済計画は危険です。毎月のお給与からの返済がリスクないと思います。



保証人

不要。
※民間金融機関独自の住宅ローン商品ですと金融機関が指定する保証機関の保証が必要になり、保証料がかかります。



団体信用生命保険

任意。
加入する場合は特約料はお客様負担。
※残された家族に負債が残ってしまうので、加入することを強くオススメします。



火災保険

民間の火災保険に入る必要あり。



融資手数料

フラット35を取り扱う金融機関によって異なる。



繰上げ返済手数料

無料
※一部繰上げ返済の場合は元金100万円以上、ただしインターネットサービスを利用すると元金
10万円以上から可能。